買うタイミングによって価格が違うマンション

新築の物件だった近所のマンションは当初の価格が高すぎて全く売れず、値下げしたら売れるようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
買うタイミングによって価格が違うマンション

物件を買うタイミングによって価格が違うマンション

その物件に対して正しい価格なのかどうか、家やマンションを買う時だれしもが考えることでしょう。しかしそれが適正でないと気がついたらどうしたら良いのでしょうか。私の住んでいる地域に新築マンションのチラシが入りました。4LDKで最多価格は3000万円です。都内23区に比べたらもちろん激安でしょうが、都心から電車で1時間のこの地域にしたらとてつもなく高い価格です。マンションは最新のエコの設備が備えられ、シアタールームやバーベキューのコーナーなどが共有スペースに設けられうという超豪華な設備が売り物ということでした。
私たち地域の住民はこんなところでこんな豪華なマンションだれが買うのだろうと噂していました。実際、夜にそのマンションを見ても灯りがついているのはほんの数軒だったのです。本当に寂しい新築マンションでした。ところがある日またチラシが入ったのです。あの3000万円の最多価格のマンションです。今度はなんと2500万円が最多価格になったいるではありませんか。なんとかキャンペーンと書いてありましたが、要るにあまりに売れ行きが悪いので値下げしたのはだれが見ても明らかでした。それからしばらくして、そのマンションには休日ともなると見学の人が多く来るようになりました。夜もついている灯りがどんどん増えてきました。つまり、3000万円では買う人がいなかったけれど、2500万円だと買う気になった人がたくさんいたということなのです。業者がつけた当初の価格はマンションを欲しがっている人にとっては適正な価格ではなかったのです。それにしても初めに高い値段で買ってしまった人はどうなるのか、とても気になりました。聞くところによると現金で値下げ分を返したということはさすがになかったそうですが、家の中の設備をもっぼグレードアップしたものに付け替えたとか、家電製品をプレゼントしたとか言う噂がひろまりました。業者もさすがにあまりの短期間の値下げにばつが悪かったのだなと思いました。

Copyright (C)2014買うタイミングによって価格が違うマンション.All rights reserved.